×

JOURNALジャーナル

COLUMN

2020.06.18

トラベルからビジネス出張、デイリーユースまで幅広く使える多機能キャリー「INTER CITY」


   

ポケットがたくさんついていて便利なキャリーケースといえば以前は布製のソフトキャリーが主流でしたが生産技術の進化、見た目の美しさや堅牢性からハードタイプのフロントオープンキャリーがトラベル、ビジネスシーンともに主流になってきています。
  


   
キャリーケースには「軽くて丈夫で大容量」という根本的に要求される性能がありますがフロントオープンタイプのスーツケースは色々なパーツを取り付けるために重量が重くなりフロントポケットを追加した分、メインルームの容量が少なくなってしまうというデメリットがあります。
   
INTER CITYシリーズはフロントパネルの設計をスリムにしているためメインルームの容量を大きく損なうことなく、すぐに取り出したいものを効率的に収納できるポケットレイアウトを実現しています。フロントパネル内部の内装ファスナーを開けると直接メインルームにもアクセス出来ますのでご使用の際にフロントポケットの容量に不便さを感じることなくご使用いただけるかと思います。

 
スリムなフロントパネル
内装ファスナー
 
 

強度面についても軽量で強度が高く、粘りがあり割れにくい素材・ポリカーボネートプラスを使用し軽さと強さを両立しています。さらに多数のリブを加えることでより強度を確保し、キャリーケースが何かにぶつかったり擦れたりした際には出っ張っているリブがバンパーのような役目をして本体に傷が目立ちにくいデザインになっています。RIMOWAのスーツケースのデザインで象徴的なリブにも同じような効果があります。

 
リブ
 
 

BERMASのブランドコンセプトとしてキャリーケースをはじめとする鞄の基本的な使用目的は「移動を快適にすること」だと考えています。 
INTER CITYシリーズはフロントポケット以外にも新素材Lisof®を使用した静音キャスターやストッパー機能、充電可能なUSBポート(モバイルバッテリーやケーブル類はお客様でのご用意が必要になります。)などトラベルからビジネス出張、デイリーユースまで幅広くご利用頂ける多機能キャリーケースです。

 
静音キャスター
ストッパー機能
USBポート
 
 

今回の追加アイテムはご使用のシーンをより具体化してご提案をさせて頂きました。 
詳しくは公式サイトにて特集企画を公開しておりますのでそちらをご確認くださいませ。

 
INTER CITY New model debut 特集ページはこちら>>